ビデオ② 感動的な出来事を受け取るために

受け取り上手な自分になる

早速ですが、小さなハッピーを見つけ続けていくことで、きっと感動的な出来事が、あなたの元へやってくるはず。
その時あなたは、申し分なくそれを受け取る資格が、ある?ない?

受け取るためには、キャパが必要なのです。
受け取るためのキャパを、広げる必要があるのです。
わかりますか?

広げる方法はカンタンです。
受け取るに値する自分だと信じることです。
信じることの強さは、計り知れないのです。
信じる力はとてつもなく、限りなく、大きいのです。

そのためにどうするのでしょうか?

 

受け取り上手になるワーク その1

限りない大きさに値する自分に、限りないパワーを与えます。
それは、夢を広げてみることなのです。
真正直に夢を語るのは恥ずかしいものですが、ここは勝負のしどころです。
広げるしか、受け取る方法はないのです。

両手をいっぱいに広げて、心を広げて、頭の中もめいっぱい広げて、開放します。

そして、心地よく、アーーーと、声を出してみます。
ワーーーでもいいです。

そうすると、頭の周りにいろいろなものがあるのが見えてきます。
空中にキラキラ輝く光が見えるとしましょう。
その光を見るように周辺視野になってみましょう。

この、心、頭の開放が、次へ進むステップなのです。

どんな感じですか?

 

他に何が見えますか?

 

ココにいながら、ココではないものを見ている感じです。
でも、ココでゆっくり呼吸もできます。
この感覚のまま、平常の自分に徐々にすり替えていきます。
開放されたままのあなたが、今ココこの場にいることもできるのです。

 

受け取り上手になるワーク その2

開放されたあなたが、黒ペンで書いてみます。
書きながら声に出して読んでみて、録音してみましょう。

さあ、今したいことは何?

 

これからしたいことは何?

 

欲しいものは何?

 

本当に欲しいものは何?

 

あなたの最高って何?

 

あなたの幸せって何?

 

 

意識をさらにさらにぐーんと広げて、もう一度、思いつくことを書いていきましょう。
答えていくあなたは、いつものあなたを超えた存在です。
ペンの色を変えて、書き込んでいきましょう。

書きながら声に出して読んでみて、録音してみましょう。
そして、最初の録音の声と比べてみましょう。

 

さあ、受け取る準備ができました!
大きく開いた目で、あなたの毎日そして人生を過ごしていきましょう。
自由であることを感じます。
伸びやかに野原で過ごしているような感じでしょうか・・・。

 

次へ