ビデオ① 意見を尊重する

最高の自分になるために、自分の考えを見直してみる

実際、自分の考えを見直すとは、どういうことなのでしょう?
そうか、やってみよう!と思って見直してみようにも、基準がありません。
考えの見直しとは、一体何なのでしょうか?

考えの見直し。
人は、決まっていることをすることに対しては、なんのフラストレーションも感じないのですが、
自分で決めて動くことに関しては、なかなか思う通りにいかなかったり、じれったいことをしてしまったりと、行動をパターン化できなくて、フラストレーションがたまることがあります。
ついフラフラと中途半端にやってしまった、という結果にもなりかねません。
あ〜ムダなことをしてしまったとか、もっと有効なやり方もあったかななど、考えたり反省したり、納得のいかない時間や日々を過ごしてしまいがちです。

 

実は、考えの見直しには、好ましいやり方があります。

それは、好きなことをやっていくということです。
好きなことは大変なことでもやる意欲が湧いてくるものです。
その意欲を湧かしていくことが大事なでのす。
優先順位は必要ないのです。

 

意欲とは、どうしたら湧くもの?

では、意欲とは、どうしたら湧くものなのでしょうか?

それは、頭の中を空っぽにしていくことです。

頭の中の余計な思考が、あなたの邪魔をします。
その思考を納得させると、すぐさま意欲が湧いてきます。

思考の納得には、様々な方法があります。
だまらせること、しゃべらせないこと、静かにさせること、その他、出てこないようにすることなのですが、
強制的にやっていくのではなく、有意義に過ごすための知恵を受け取るようにするのです。

そのためには、思考の中の有意義分子に注目します。
それは、楽しいできごとを追求するかのように、ラッキーなこと、喜ばしいことを発見していく作業です。
ほんの小さなハッピーやラッキーを見つけて楽しもうとする気持ちです。

小さいほうが見つけやすいし、取り組みやすいものです。
小さい発見を続けていくことには違和感がなく、小さな作業で終えることができます。

 

限りのある一日の中で、何を行っていくか・・・。
いつもハッピーやラッキーな1日を過ごすことは、可能なのです。

もっと日常生活の中の小さなところに心をおいて、ただ、それを楽しくやることにのみに集中していきましょう。
そうすることで、自分らしさを取り戻すこともできるのです。

あれもこれもと大きく見てしまうと、自分が飲み込まれそうになります。
今の立ち位置から、できるところをちょこちょこっとやっていく。
これが次第に大きく仕上がっていくというわけなのです。

いつもいつも、幸せと楽しいことを見つけていくこと。
小さいハッピーを続けていくこと。
これで、幸せな毎日をつなげていくのです。

 

次へ