ビデオ⑤ さらに進むために

場の様子をうかがってみよう

〈スピーチシート・ポイント③の材料を作る その2〉

場作りは、たいてい、リーダーの考えた方向、つまり人々を自分の思う方向へ向けていかなくてはと思うのですが、実際は全く逆で、人々の喜びを広げていく方法がベストなのです。

人々の思いと、全く違うものをその場に置こうとしてもムリなのです。
人々の気持ちを乗せて船は進んでいくのです。

なぜ、この船に人々は集まってきたのか?
なぜ、人々はこの船を選んで乗り込んだのか?

そんなことから、場のストーリーは始まるのです。

 

みんなを乗せた船の行き先は、、、目的は、、、もうすでに決まっているのです。
「皆さんが笑顔になる」ということなのです。

優しさを持って一緒に進んでいくことが、
全体をさらに軽やかにしていく術(すべ)なのです。

 

では、動力は何なのでしょう?
みんなを動かす力の源(みなもと)は何?

この知恵が、さらにパワーアップにつながるのです。

そして、そのまた上に、愛があることに気づくのです。

 

動力は何?その1

あなたの周りにいるお一人お一人の良いところを見つけ出していきましょう。

そして、書き出してみます。
すると、「この方のここがとてもいい働きをしてくれている」や、「この方だからいつもうまく進んでいるんだ」、「こんな方だから、こうなってきたんだ」、「この方のここは本当に素敵」などが、見えてきます。

 

 

お一人ずつ、良いところを明らかにしたら、感謝の気持ちが沸き起こってきますね。
そう、そんな、あなたの心からの感謝の気持ちが動力になります。
感謝の気持ちを、色を変えて上に書き加えましょう。

 

動力は何?その2

皆さんへの感謝をしっかり感じることができたら、次はあなたから皆さんを幸せにするためのお返しが必要ですね。
納得のいくお返しをしましょう。
あなたが考えられものは何?
先程書いたお一人お一人の横のスペースに書き込んでみましょう。

 

動力は何?その3

周りの皆さんへの感謝があってこそ、その上にあなたの望む未来があるのです。
その未来のステージで、みんなで一緒に笑いたいのです。
あなたの望む未来では、皆さんは喜んでいますか?

皆さんの笑顔が見えますか?
皆さんは、なぜ笑っているのでしょうか?
皆さんを一つのグループに見立てて、聞いてみましょう。

 

 

次へ