ビデオ② 未来の人を感じてみよう

未来を見てみる

水平線の彼方を100年かそれ以上後の未来の世界に見立てて、見てみましょう。

肉眼の目に心の眼を合わせます。
目を開けたまま他のイメージをしてるような感じです。

 

①水平線の彼方を見てみる

②水平線に光があたり、美しい色に輝いている

③その視野で、生きてみるとどうなる?
 この視野が、俯瞰状態です 今まで視野が近かったことがわかります

④この心の状態を感じてみる 
 ワクワクしてくる 朗らかになってくる

⑤遠くを見つめたまま、さらに感覚を広げてみる
 全方位に感覚を広げる

⑥水平線の輝きとともに、未来が輝いているのが見えてくる
 何が始まるのか期待が膨らむ

その大きな視野で見つめることで、回路が開けます 

〈どんな感じ?〉

 

 

未来の世界を感じてみよう

未来の世界の水平線を見つめながら、自分の中の自分に息吹を吹き込んでみましょう。

〈どんな感じ?〉

 

 

100年かそれ以上後の未来を思い浮かべてみよう

そこには、どんな人達が住んでいますか?
頭で考えず、感覚で探ってみましょう。

 

 

優しさワーク

21世紀の人が、未来の世界へのトンネルをくぐっていきます。
トンネルの終わり、そこには、未来の世界の人(あなた)が座っています。
21世紀の人と未来の人が会話をします。

未来の世界へのトンネルをくぐった相手のために、今の自分から離れて、俯瞰で、未来の世界の人を演じましょう。
トンネルをくぐった21世紀の人から見れば、あなたは未来の一部なのです。

 

◎未来の世界へのトンネルをくぐった人(池本)は、あいさつをして質問します。

 ・あいさつをする

 ・質問をする

   ・ここは、私の住んでいた21世紀からみると、何年後なのでしょうか?

   ・ここはどんなところなのでしょう? 

   ・毎日どんなふうに暮らしていますか?

   ・お仕事はなんですか?

   ・どんなことを楽しんでいますか?

 ・最後の質問

   「21世紀の人に、何かアドバイスを下さい」

 ・21世紀の人の最後のセリフ

    「ありがとうございます。私は、あなたを信じます」

 

次へ