ビデオ④ 後ろで相手の話を聴く

聴き上手のコツ

①聴き手の作法

  ・ アイコンタクトを絶やさず (相手に視線を合わせること)
  ・ 適度な相づちをうち (全くしないのも、やり過ぎなのも問題)
  ・ 温かみのある表情で (無表情では話しづらい)

 

②相づちとは

  ・ ただうなずくだけ、 「はい」「いいえ」 だけではいけない 
  ・ 相手の話を復唱して興味を示す (なるほど○○ということですね)
  ・ 相手の話を引き取って会話を広げる (そういえば私も○○…)

 

上手な相づちを入れるためには、相手の話を真剣に聴こうとする姿勢と、会話の中の「ちょっとした一言」を聞き逃さないことが大切です。

 

後ろで聴く

①意識は常に後ろ 頭で聴く感じではない

②視界がぼやける感じ 心で聴いているイメージ

③目の前の人以外、見える世界がスクリーンのように平面になって、リアル感がなくなっていくイメージ

 

ハーフタイムフィードバック

1回目

池本 : テーマ「私の休日の過ごし方」について話す (1分30秒) 
あなた: アイコンタクト・うなずき・ほほえみながら、後ろの意識で話を聴く
あなた: 池本の話の内容を、半分ぐらいの時間でフィードバック

 

2回目

池本 : テーマ「私の宝物」について話す (1分30秒)
あなた: アイコンタクト・うなずき・ほほえみながら、後ろの意識で話を聴く
あなた: 池本の話の内容を半分ぐらいの時間でフィードバック
     + この話をする池本についても感想

 

次へ