ビデオ④ 人生の幸せを理解する準備

どうしたらいいのかな・・・

ちょっとしたワークです。

目の前の誰かとしばらく一緒にいるとします。
こんな場合、あなたはどうしたいと思うでしょうか?

 

では、相手はどうしたいでしょう?

 

相手の方がどうしたかったのかを聞いてみることで、お互いにどうしたいのかがわかりあえます。

 

理解する

相手の話を聞いて、そうかあとこの場の状況をわかりあうと、何も知らない時より、いい状態になります。
落ち着いてきます。
楽しくなります。

 

さあ、今度は、人生に話を置き換えてみましょう。

例えば、人生の中で、今の状況が見えていないとき、何をするのが私のしたいことなのかが、わからなくなることがあります。
わからないことをわからないままに過ごすのは、とてもはがゆいです。

しかし、今の状況が「わかる」ことで、心が晴れてきます。

その場に、はがゆさがなくなります。
わかってくると、もう後はカンタン!
やる気が出てくる。おもしろくなってくる。

 

人生の「幸せ」は、ここまできたからこそ、わかることが多いです。
前回書いた「幸せ」のように、わかったことは安心して楽しめます。
そこに、もうムズカシイことは存在しません。
つまり、わかるとはカンタンになることなのです。
「幸せ」がわかることで、「幸せ」はどんどんカンタンなものになります。

察する

私達は、わからないという抵抗を感じつつ生きているということに、気がついてみました。

🌃 毎日過ごしてはいるが、全体が見えていない・・・
🌃 今何をすることが私のしたいことなのだろうか・・・
🌃 なかなか、自分の思い・感情から離れられない・・・

 

どうすれば、これらがわかってくるの?          
この時、俯瞰してみましょう! 
冷静に自分の状況を眺めてみるのです。

 

でも、
🌃 私はこれでいいのだろうか
🌃 人を見て、自分を確かめることを、ついしてしまう
🌃 自分の存在を、相手によって顧みてみてしまう

 

しかし、自分がこの現状に合っているかどうかが問題ではなくて、自分が今、幸せに存在しているかどうかが大切なのです。
状況が『わかる』ことによって、『安心』し、『幸せ』を感じる、これが大切なのです。

 

でも、
🌃 常に環境は変わるもの、周りはいつも変化だらけ
🌃 その時私はどうするの?
🌃 じっと眺め続けるか、いろいろ考えてみるか、相手とかかわってみるか、、、

 

それとも、察する。
俯瞰でいることで、察する能力を上げることができます。
これがさらに「幸せ」に近づく方法です。

 

人は、「幸せ」な人を見ると「幸せ」な気分になりやすい。
その効果で、「幸せ」な人は増えていきます

 

あらためて、私の幸せ

今思う幸せを、書いてみましょう。

 

 

次へ