ビデオ① 母音の無声化

言葉が歯切れよく、なめらかになる、母音の無声化

アナウンサーが学ぶ専門的な内容を学びましょう。
特にできなくてもいいのですが、できればさらに美しい日本語になります

 

まずは、母音の無声化です。
さあ、次の言葉を喉に手を当ててみて、発音してください。

「キモノ」

「キカン」

この2つの言葉の「キ」の音を比べてみましょう。

「キモノ」の「キ」は、しっかり喉が振動します。

「キカン」の「キ」は、音にならない声で喉が振動しません。

これを、母音の無声化といいます。

 

この母音の無声化には、条件があります。

「カ・サ・シャ・タ・チャ・ハ・パ」行音などのイ段とウ段の音「キ・シ・チ・ヒ・ピ・ク・ス・シュ・ツ・チュ・フ・プ」が、無声化になる音です。

これらの音の後に「カ・サ・シャ・タ・チャ・ハ・パ行音」のどれかの音がくると無声化になります。

 

「キモノ」は、「キ」の後がマ行なので無声化になりません。

「キカン」は、「キ」の後にカ行がくるので無声化になります。

 

母音の無声化を使うと、音がなめらかに聞こえます。
ややこしそうですが、普段の会話でちゃんとできている方は多いです。

 

では、練習です。
小さい三角マークは、無声化のマークです。

 △     △   △    △   △
「ネクタイ」「シカ」「チカラ」「ヒト」「ピカリ」

 

また、無声化になる音が語尾にある場合も無声化になります。

    △     △
「あります」「そうです」

 

母音の無声化ができる方にとっては簡単なのですが、関西の方は苦手かもしれません。

「ネタイ」「タシー」「カチ」

無声化になる「ク」の音をしっかり発音してしまいます。

また、語尾が無声化になる「ありま」「そうで」の「す」の音を、強く発音してしまう傾向もあります。

これは、関西の話し方なのですが、仕事では無声化を使ってもいいかな、と思います。

 

次へ