ビデオ⑩ 俯瞰リラックス

広がりを感じてみる

自分がさらに豊かに生きていくには、リラックスすることが大切です。

自然な自分ってどんな感じ? 
さらに力が抜けている自分って?

うれしい気持ちのまま、広がりを感じてみましょう。

自分の手の2倍の距離まで、自分のエネルギーを広げてみます。
どんな気分ですか?

さらに、もっともっと広げることもできます。

 

俯瞰になると・・・

俯瞰で自分の範囲を大きくすると、少々のことが許容範囲内で、待っていられたり、見守ることができたりします。

心を動かすことなく、安心していられる。動揺しない。
つまり、俯瞰とは、ドラマがドラマでなくなるということです。

小さい範囲で小さいことに目を向ければ、ドタバタを体感してします。
けれど、大きい自分だと、それは、ほんの小さな竜巻にすぎない。

ゆっくり見つめて、感じて、そして動く。

すると、無駄がなくなる。
時間に余裕が生まれる。
焦る気持ちがないからゆったりしていられる。
なるようになることを信じることができる。

つまり、流れに乗ることができるということです。

 

真上に意識を広げてみましょう

①上に向かって呼吸をしてみる

②頭の上に広がりを感じる

③意識を天に広げる

④心を広げる

⑤心の大きさが豊かさになる 

さて、今どんなご気分ですか?

 

感覚を良くすることが大切です

自分の中の感覚を研ぎ澄ませて、目の前の物事に寄り添ってみる、、、。
そうすると、その本質が見えてきます。
変な思考を使い過ぎると、それが見えなくなってしまうのです。

心の中の扉をそっと開けて、その物事を眺めてみましょう。
多くの人は、それが怖くて不安で、自分の思考、過去の感覚で作り上げようとしてしまう。
そして、そこで安心を作ろうとする。
でも本当はそれまでとは違っていることが多いので、トラブルにつながっていくというわけです。

では、どうすればいいのか、、、?
それは、そのものを遠く離れて眺めてみる、ということです。
この距離を取れるのが、俯瞰、ということです。 シンプルです。単純です。

でも、これを人はやれないのです。
安全のために、自分の現実を加工するのです。
そのために世の中がゆがんでくるのです。

どれだけ純粋な目と心で物事を見ることができるか。
ここがポイントです。

いかに純粋な心で物事を見ることができるか。
これは、訓練ですね。
自分の作った安全は、独りよがりであると認識し、自分の心を広げてみるのです。

それを手伝ってくれるのが、自分の中の真実の自分なのです。
信じることで、本来の自分が登場です。
すると、先のことが何もわからなくても、もう大丈夫って気になります。

自分を信じるってすごいことです。
私は大丈夫って思えます。
その安心は、平和に繋がります。
そして、奇跡がウソのように手元にやってきます。

それは、未来の自分を想像できるようになるからなのです。

今とのつながりで未来があるのだから、今をどのように生きていくかで、
未来が手元にやって来やすくなります。
直結! 望めば来るってやつです。
これは、理屈ではありません。
やった人だけが体得できるものなのです。

ラッキーな人生は、こうして生まれる!

 

自分の中の自分を、探してみましょう

自分の中にいる自分は、どんな人?
俯瞰の目で、見てみよう!
ふっと、思い浮かんだイメージで大丈夫です。

その人は、なにか言っていますか?

 

次へ