関西弁から標準語っぽくなるコツ! [スピリットボイス・トレーニング75]

★☆ 関西弁から標準語っぽくなるコツ! ★☆

今日のワンポイントレッスンは、ちょっとした工夫で、スマートに聞こえる音のお話。
ぜひ、電話で使ってくださいね!

「〜です」の「す」は、母音の無性化といいまして、「す!」と強くはっきり発音せず、音にならない音が正解です。
関西弁は、「す」をはっきり言います。
方言なのでいいんですが、仕事では「す」をはっきり強くしかも長く言うと、ちょっと野暮ったい感じがする、気がします。
仕事では、「す」は、音にならないほうが、すっきりとしていいと思いますよ。

〜 関西弁から標準語っぽくなるコツ! 無料セミナー動画です〜

※ 俯瞰で話すボイストレーナー 池本美代子 ※
スピリットボイスは、「俯瞰(ふかん・上から全体を見る)」に意識をおいて話すボイストレーニング法です。

「意識を変えるだけで勝手にいい声になる」スピリットボイスなら、
口の力が抜けて、思い通りの音が出せるようになります。

★スピリットボイス情報★

スピリットボイスの学び方ご案内
「スピリットボイスを体験してみませんか」

自宅で学ぶ
eラーニング「どこでもラーニング」

お問い合わせ・ご質問は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です