おみくじ三十六 総ては宇宙にあり

おみくじ三十六 総ては宇宙にあり

 

空を見上げると、その広さに圧倒されます。

晴れの日は、どこもかしこも青です。

この美しさを眺めることができる私たちは幸せものです。

夜空を眺めていると、宇宙を思い浮かべることができます。

しかし、青空だと、私たちの毎日の生活が中心になってきます。

この違いは何なのでしょう。

昼と夜の違い。

青と濃紺あるいは漆黒の違い。

夜中、ふと空を見上げると星の瞬きに心が奪われます。

あの星はどれぐらい遠いんだろう、あの光は何年前の光かな?

距離を感じ、ロマンが広がります。

見えない星々も数限りなくあり、想像もつかない空間が、私の周りに広がっているのだと感じる。

大地を踏みしめてはいるものの、気持ちは遠く宇宙へ馳せていく。

夜とは、そんな時間なのか・・・。

今この現実を忘れ、広がる宇宙に心をそわせてみる。

広大な宇宙の点であることを感じてみる。

しかし、この点だって、大きな世界を持っているんだ。

 

私たちはいつだって、意識を果てしない宇宙へ飛ばすことができる。

昼間とは違う夜の時間は、時空を超える安らぎの時間。

眠りながら宇宙を旅する。

宇宙とつながることで、明日はさらに輝く。

 

 

【感想】

潜在意識やもっと深いところにある意識と繋がりやすくなって、頭で一生懸命考えるのではなくて、宇宙の叡智からのメッセージが入ってくるイメージ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です